東京美容皮膚科クリニック

レーザー治療法について|刺青、入れ墨、タトゥー、tattoo、イレズミ除去なら東京美容皮膚科クリニック

東京美容皮膚科クリニック お問い合わせ 03-5777-0038
 
トップ 刺青・タトゥー除去 レーザー治療法 治療の流れ 料金プラン 患者様の声 症例写真 治療動画 よくある質問

レーザー治療法について

最新のレーザー機QスイッチヤグレーザーMedLite(メドライト)C6
最新のレーザー機QスイッチヤグレーザーMedLite(メドライト)C6

QスイッチYAGレーザーは、パルス幅(一瞬、レーザー光が光る時間)が従来のレーザー機器中で最も狭い「4~6nsec」の為、作用できる熱量として比較するとQスイッチルビーレーザーなどよりはるかに強力なレーザー光となり得ます。

当院の「MedLite」は、タトゥー除去用に皮膚侵襲刺激が最も軽くてすむようにしています。肌への負担を少なくすることで、炎症後色素沈着も軽くて済むと考えられています。

東京美容皮膚科クリニックに導入している「MedLite」は、QスイッチYAGレーザーの中で国内外で高い信頼を得ているゴールドスタンダードな治療機器です。波長変換装置を内臓しており、深在性色素斑・刺青・タトゥーに使用される1064nmの波長と、表在性色素斑・老人性色素斑に使用される532nmの波長の2種類のレーザーを照射する事ができます。

切除や植皮手術の適応とならない刺青除去・タトゥー除去の第一選択として当院では使用しています。

機器photo
機器photo レーザー機器の比較
メドライトC6は、従来のガウンシアン型とは違い、レーザー照射が均一はトップハット型なので、均一で効果的で確実な治療を可能としました。
レーザー機器の比較
レーザーと手術の違い
レーザー法
メリット ・深く染料の入っていないタトゥーには比較的短時間で目立ちにくくなる。
・手術に比べて皮膚の侵襲が少なく傷跡がのこらない。
・タトゥーが広範囲でも治療できる。
・手術をした場合のような、傷口の開きや抜糸等、日常生活への制限が少ない。
デメリット ・通院しなくてはならない。
・使用している染料やカラーにより落ちにくいものがある。
・ケロイド体質の方はお肌に負担をかける場合もある。
・日焼けされている方や、お肌の色が濃い方は反応しにくい場合もある。
このような方におすすめ ・傷跡が残るのが嫌な方。
・日常生活に支障をきたすと困る方。
・キレイに取りたい方。
・タトゥーが広範囲の方。
・体に負担をかけたくない方。
・時間をかけてでもキレイにしたい方。
他の方法の紹介
切除縫縮
・入れ墨をいれている範囲が狭い場合
・形が紡鐘形状で縫合しやすいケース(例:日本刀のような形)
・入れている箇所の皮膚が伸縮性に富んでいる場所
 
上記の場合で、患者様が傷跡の残ることをご理解された上で、一回の手術と抜糸時までの通院で手術をご希望の場合、切除縫縮をさせて頂きます。
切除範囲が広い場合、2~3回にわけて手術する必要があります。
切除縫縮
・入れ墨の入っている部位の皮膚を削り取り、鼠径部など身体の比較的皮膚に余裕のある場所から
 皮膚を採取し移植する方法です。
・皮膚を採取する部位に傷を作ってしまったり、移植部の皮膚の色の違いや色素沈着、
 感染壊死等のリスクが高いため、東京美容皮膚科クリニックではお勧めいたしておりません。


どうしても植皮が必要な場合は提携医療機関をご紹介させて頂きます。
お問い合わせ・ご予約はこちら
東京美容皮膚科クリニック 無料カウンセリング予約

受付時間

 10:00~19:00 (月・火・水・土)
 10:00~20:00 (木・金)

休診日

 日曜日・祝祭日

アクセス

JR(山手線/京浜東北線)・
東京モノレール浜松町駅と直結
都営地下鉄(浅草線/大江戸線)
大門駅と直結(B3出口)

〒105-6114
東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービル本館14階
メディカルセンター
アクセス
 
当サイトの写真の無断転載を禁じます。  Coryright(C) 2013 タトゥー・刺青除去 東京美容皮膚科クリニック All right reserved.